第3章 設計方針

3.1 目標

昨年の大会で私たちのチームは、数年来の目標であった1000m直線飛行を達成することができた。今年は、昨年の経験を活かしてさらに洗練された機体を製作する。今大会では、ただ飛べば良いというのではなく、より遠くへ、より美しく飛ぶ機体を追求する。

距離の目標としては、最低3000m、当日の天候が良ければ5000m以上をクリアすることにする。また、これまでは重要視していなかったデザインについても特別班を組織し、飛行機製作に対してこれまでとはちがった視点からのアプローチを行う。

3.2 設計方針

  • 離陸時に壊れることのないよう、十分な強度を持たせる。また、離陸後、確実に水平定常飛行を実現できるように、安定度の高い機体とする。
  • パイロットの安全を考慮して、コックピット周りの駆動系・操舵系の配置を決定した。着水後の速やかな脱出についても後述する。
  • テストフライトで見出した最適なセッティングを本番でも確実に再現できるように、調整箇所の部品の構造を工夫する。
  • デザインの美しさを追求する。

前の章 目次に戻る 次の章


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です