第11章 計測

パイロットに現在の飛行状態を伝えるために、以下に述べる計測装置を使用する。測定結果はコックピットに取り付けたLCDに表示する。計測装置の制御には、製作の容易さ等の理由により、PICマイコンを用いる。

ペダルの回転数

自転車用と同様に、ペダルにつけた磁石による電磁誘導のパルス波の間隔を測定することで回転数を求める。パイロットは計測装置の表示を見て、プロペラの設計回転数を維持する。

機速

キングポスト上部に設置した模型飛行機用のプロペラの回転数を、前項と同様に測定し、機速に換算する。

高度

超音波による距離計を使用する。

飛行時間

マイコンの内部クロックを利用する。

飛行距離

機速を飛行時間で積分して求める。対気速度で計算しているので、あくまで目安程度である。

前の章 目次に戻る 次の章


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です